旧すもつくれんDIARY

新しい「すもつくれんDIARY」→→→http://sumotsukuren1.jugem.jp/
<< いよいよ@さいたまスーパーアリーナ | main | 2005年も、あと少し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ON THE ROAD 2005 "MY FIRST LOVE"@さいたまスーパーアリーナ
とうとうこの日がやってきました。
ON THE ROAD 2005 "MY FIRST LOVE"も今日で最後です。

道も混んでいて、駐車場も混んでいて、16時30分ギリギリに席に着いた時には、
会場内殆どの人が席に着いていて、始まるのを今か今かと待っている状態でした。

いつものように「All you need is love 」が流れて、手拍子が鳴り響きます。
そして1曲目、後ろから照らされる光の中、いつものように浜田省吾が登場しました。
でも、それも今日が最後です。
「ステージの上 最高級のバンド 全身でビート 感じてくれ この夜に乾杯!」
まさしくその通り、全てを私の身体の中に記憶しておきたいと思っていました。

DVDの為の撮影が入っていたので、浜田省吾もそれを意識してか、
ツアーファイナルだからか、浜省ダンス炸裂!切れもよく(1.5倍位かなー?)
見ていると私まで自然に身体が動き出してしまいます。

大好きな「青空のゆくえ」噛みしめるように聴きました。
「I am a father」あの会場を包み込む一体感、忘れられないでしょう。
「花火」空を指差す浜田省吾の腕にいつもドキドキしていました。
「MONEY」では今までになかった火柱の演出。迫力がありました。
「家路」「日はまた昇る」じっくりと聴きました。ココロに響きました。
センターステージではウェーブ。約17,000人でのビッグウェーブ!圧巻でした。

時間はあっという間に過ぎて、「ミッドナイトブルートレイン」
一緒に歌っていて嬉しかったのですが、寂しくもありました。
そして…「ラストダンス」
昨日歌ったと聞いて、聴けないかなーと思っていたので嬉しかったです。

4時間。長いステージでしたが、一瞬にして過ぎて行ったように感じます。
幸せでした。ただ、それだけです。
セットリストがスクリーンに流れた後の、一番最後の浜田省吾からのメッセージ

I look forward to seeing you soon!

その言葉を信じて、また明日から生きていきます。ありがとう。
| イケダカズミ | MUSIC | 23:59 | comments(8) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |
私は正面に向かって右側の4階席、もう後ろ一列しかない
ところにいました。少し目線を上げれば天井という場所です。

前回、当日券があるという話を教えてもらっていたので、
もしかして…とは思っていましたが、入れました…。
こんなことってあるんですね。

おかげさまで、念願の「19のままさ」「青空のゆくえ」を
聴くことができました。好きな「終わりなき疾走」「星の指環」「ラストショー」もまた聴けました。

席は遠かったですけど、「4階席、5階席は確かに遠い。でも
心はつながっているから…」とか。「時差があるんだ…
はじめて知った(笑)」とか。たびたび声をかけてもらえた
こともあり、それに見晴らしもよくって(笑)、遠くても充分
楽しめました。

たしかに、よく踊ってましたね。私もそう思いましたよ。
52歳なのに。これは15年後もいけそーですよね(笑)。

最後にアンコールで、
「この瞬間が最高なんだけど、人の記憶は薄れてしまう」
「だから、また戻ってきます」という話を聞いたときに
あーそうなんだ、だからライブはやめられないんだ、
だから私たちもまたライブに来てしまうんだと、そう気が
つきました。

そして、リハからツアーファイナルまで約半年。その前の
レコーディグ。その準備期間。前回のライブから4年間の
積み重ねの頂点が、昨日のライブだったんだと。ステージの上で
皆さんが本当にこころからおじぎをしているのを見たときに
そう思いました。

そして…気が早いですけど(笑)。次のライブへの積み重ねが
今日からはじまるんだと。それは自分たちのことでもあるんだ
と思いました。そう思うことがつながるということなのかな…
最後にそんなことを感じさせてもらったライブでした。
| toy box | 2005/12/12 10:05 PM |
>toy boxさん

いらっしゃったのですか?
お会いしたかったですよー(>_<)。
事前に「当日券で行くかも」ってメッセージ下さいよー!!!

最高のライブをtoy boxさんと一緒に楽しめて、ホントよかったです♪
私も4階席、1列目から落ちそうになりながら観ていたので、
「時差があるんだー」発言には爆笑しながらも、嬉しかったです。

>そして…気が早いですけど(笑)。次のライブへの積み重ねが
 今日からはじまるんだと。それは自分たちのことでもあるんだ
 と思いました。

toy boxさん素晴らしい!そうなんですよね…。
いつまでも寂しがっていては、いけないですよね。
次のライブも笑顔で参加できるように…
イケダカズミ、頑張ります☆
| イケダカズミ | 2005/12/13 12:50 AM |
mixiから飛んできました。

最終日。
特別なんですよね。
私が行った、大阪。10/9と11/9は両方とも29曲。
最終、さいたまだけですよ。31曲は・・・

曲は少しだけ違うけど、浜省の伝えたいことは一緒だと思います。

2年に1度くらいのペースでやってほしいけど・・・

あの年で、あの体型を維持できるところがすばらしい。
あんなおじさんが目標です。というか、おじさんと呼べない若さが目標です。

また、お邪魔します。
| きき | 2005/12/13 10:57 PM |
>ききさん、こんにちは☆

そうですね、2年に1度くらいのペースでやってくれると
ウレシイですよね。4年は…長かったです(-_-)

確かにあんなオジサンいないですよね。
きっと努力されているのでしょう…。
カッコイイと本気で思いますよ。
ききさんも、浜省に負けないように頑張ってください!!!

また遊びに来て下さいね〜ヾ(*'-'*)☆お待ちしています。
| イケダカズミ | 2005/12/14 1:22 PM |
そーですね、連絡入れればよかったですねー(笑)。
私も会ってみたかったですけど、でもまた機会がありますよ。
次は4年もかけないと、横浜のときに浜田省吾ご本人が
おっしゃってましたから。私は聞きましたよ〜。

それにホントーにチケットのあてはなかったんです。でも運よく
手に入って、それも定価より安く。ラッキーでした。

さいたまだけ31曲だったんですねー。日本全国から、北は
北海道から南は沖縄まで、たくさんのひとがいましたけど、
そのために来ていたということです…よね。スゴイ。
そんなライブのチケットを当日に入手できたのはラッキーっす。

ところで4階席の1列目って、こわくなかったですか(笑)
けっこう傾斜が急でしたし、後ろの方だった私でも少し恐怖感が。
そんなことに影響なく、元気いっぱいに声を出していたという
ことですねー。さすがイケダカズミさん。らしくていいです。
でも…さびしい気もするというのもすごくよくわかります。
とりあえず、ライブDVDを待ってみますか。
| toy box | 2005/12/14 9:32 PM |
>toy boxさん

>ところで4階席の1列目って、こわくなかったですか(笑)

柵があったので、大丈夫!
柵がなければ、多分落ちていたでしょう…(´▽`) よかった☆

ライブDVD、早く発売してほしいです!
でも、来週には「ap bank fes '05」のDVDが発売ですからね〜♪
楽しみ楽しみO(≧▽≦)O♪

ところで、キーボードの福田さんblog見たコトありますか?
今回のツアーの裏話&ステージ裏の写真満載で面白いので、
ヒマがある時にでも見てください♪

裕福バカデミア http://diary.jp.aol.com/x4yqq2e/

| イケダカズミ | 2005/12/15 12:52 AM |
TBありがとうございます。
私は一日目はD3センター近く、二日目は200レベルのステージサイドでした。色々な浜友にも会えて、京都から参加して本当によかったと思ってます。
| last dance | 2005/12/15 11:19 PM |
>last danceさん

こんばんは☆
今回のツアーは遠いところから浜田省吾を見つめていたので…
次のツアーでは、もっと近いところで見つめたいと思っています。

浜友たくさんいらっしゃるのですか?いいなー。
浜友がいると、ライブの楽しみが増えますよね♪

| イケダカズミ | 2005/12/16 8:49 PM |









http://sumotsukuren.jugem.cc/trackback/172
「ショーゴ」
この土曜日、さいたまスーパーアリーナへ娘と一緒に「浜田 省吾コンサート」に行ってきました。 もう20年以上前の話ですが、私が大学生の頃、はましょう(浜省)がブレイクした時期で、友達とよく聞いていたんです。 はましょうの詩の世界も好きだし、なんと言
| 人生は喜びに満ちている | 2005/12/13 11:10 AM |


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ