旧すもつくれんDIARY

新しい「すもつくれんDIARY」→→→http://sumotsukuren1.jugem.jp/
<< 吉宗様の大盤振舞2006 | main | 雪だるま >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
THE有頂天ホテル

パンフレットと「ダブダブ」のマスコット

観てきました「THE有頂天ホテル
大好きな三谷幸喜、大好きな役所広司(≧∇≦)、観に行かないワケがない!
もちろん笑いました。あちこちで笑い声が聞こえてくる映画って、いいですよね。
でも、最後私はかなり泣いていました。
泣いているのは、多くの観客の中で私一人でしたが…。
では、なぜ泣いてしまったのか。
以下多少ネタバレもあるので、これからご覧になる方はご注意下さい。


オープニングから、ワクワクさせてくれました。
まるで今から舞台の幕が開くようなあのオープニングは
日常世界からこれから始まるストーリーの世界へと、
自然に運んでくれたようにさえ感じます。

ウソがウソを呼んで、小さな事件が大きな事件になって…
三谷幸喜お得意のパターンです。
ありえないコトのオンパレードですが、そんなコトは考えちゃいけません!
多くの登場人物のそれぞれのストーリーが、
やがて一つずつ重なってラストを迎えるわけですが…

その時に感じたのは、何とも言えない暖かさと幸福感でした。

それぞれの問題を解決して向かえる新年。
嬉しそうだったり、幸せそうだったり、満足そうだったり…
登場人物達の表情を見ていて、私まで嬉しくなって、泣いてしまいました。
こういうの、ホント弱いのです。

あと、三谷作品を観て
「あの作品の世界に生きたい!」ってよく思うのですが、今回もそうでした。
舞台でも映画でも、あの三谷作品の世界の中で生きられるって役者さん達が
本当に本当に羨ましいのです。
その羨ましいという気持ちも、涙の原因の一つになったと思います。

誰もがクスクスと笑いながら観られる映画です。
是非、笑い声が聞こえてくる劇場で観るコトをオススメします。
| イケダカズミ | TV & MOVIE & STAGE | 23:59 | comments(6) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |
●楽しいひと時が過ごせた映画って泣ける時ありますよ。
私は『ファンダンゴ』『アメリカングラフィティー』なんか楽しいのに切なくなりました。
| moviemania1999 | 2006/01/22 1:09 PM |
>moviemania1999さん

こんばんは。コメントありがとうございます!
ゴメンなさい!「ファンダンゴ」も「アメリカングラフィティ」も観たことがありません。「アメリカングラフィティ」なんて有名な映画なのに…。
時間を作って観てみようと思います。
また、オススメの映画があったら教えて下さいねd(゚ー゚*)

| イケダカズミ | 2006/01/22 8:32 PM |
はじめまして。うじゅらと申します。
勝手にTB貼ってしまってスミマセン。

三谷作品の世界で生きてみたいと思うお気持ち分かるような気がします。

ファンダンゴというライブハウスは知っているのですが、映画はさっぱり。
アメリカングラフティも観たことないので、今度ツタヤで探してみます。

失礼しました。
| うじゅら | 2006/01/27 11:56 PM |
>うじゅらさん

はじめまして。TB&コメントありがとうございました。

舞台で三谷作品を観ると、それこそ役者さん達が生で目の前で三谷作品の世界を生きています。映画よりもさらに「三谷作品の世界」に憧れてしまいます。

是非また遊びに来てくださいね☆
| イケダカズミ | 2006/01/28 12:55 AM |
こんにちは、コメントありがとうございました(*^_^*)
三谷監督にはホント、いつも笑わせられます。
私の笑いのツボにどんぴしゃりなんですよね〜♪
観客みんなが幸せそうに笑ってるって、ステキなことですよね。泣き笑いした気持ち、何となくわかる気がします(^_^)
| honu | 2006/03/09 8:08 PM |
>honuさん

こんにちは☆
いや〜この映画も三谷幸喜作品らしく
思わずクスッとさせられちゃうシーンのオンパレードでしたね!
ホント早くDVDが発売されないかな〜と
心待ちにしています(≧∇≦)

そしてまた私は、笑いながらも、泣くのさ!

| イケダカズミ | 2006/03/10 8:18 AM |









http://sumotsukuren.jugem.cc/trackback/185
THE 有頂天ホテル
●『THE 有頂天ホテル』2006年1月14日公開。『笑いの大学』(脚本)から約1年ちょい。三谷幸喜待望の新作。今度はどう笑わせてくれるのか楽しみ。『赤影』のポスター見て一目ぼれした麻生久美子も出てます。オダギリジョーも!脇役も豪華です。 (鑑
| 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ | 2006/01/20 9:58 AM |
THE有頂天ホテル
14日公開の「THE有頂天ホテル」。公式HPはhttp://www.uchoten.com/です。 ずっと楽しみにしてたので、公開日に早速観てきました。 久しぶりに楽しめる映画に出会えたって感じ♪ 監督、脚本が、「古畑任三郎」や「王様のレストラン」を書いた三谷幸喜。これだけでも「
| きれいになりたい!美肌追求中 -40代の挑戦- | 2006/01/20 6:30 PM |
THE有頂天ホテル
有頂天ホテルを見て来ました! 面白かったです~&#63893; 上映時間が結構長いし、場面もめまぐるしく変わるけど、飽きないし、疲れませんでした。 いろんな人がそれぞれ味のある役を演じているところがまたいいですね。 特にオダギリジョーさんとか・・・。 キーワー
| のんびり日記 | 2006/01/20 8:41 PM |
THE 有頂天ホテルに泊まれる!
三谷幸喜が満を持して取り組む第3作、有頂天ホテル。 『時は<すべての人にとって特別である大晦日>。舞台は<迷路のようなホテル>。その中で<働くホテルマン>と<訳ありの宿泊客たち>が織りなす最高の奇跡―。』 計算しつくされた展開で1秒も見逃せません。み
| 参加型ニュースサイト@NEWZ(アット・ニューズ) | 2006/01/21 8:53 PM |
「THE有頂天ホテル」有頂天にはまだ早い!
「THE有頂天ホテル」★★★ 役所広司、松たか子、佐藤浩市主演 三谷幸喜監督、2005年 年明けから監督自身 TVに露出しまくって 劇場も混んでます。いい事です。 クセのある俳優がゾロゾロ出て、 それぞれのストーリーが大晦日の ホテルのカウントダウンに向
| soramove | 2006/01/22 11:08 AM |
『THE有頂天ホテル』を観て来ました!
  『THE有頂天ホテル』観賞レビュー 2006年1月14日(土)より 全国東宝洋画系ロードショー 配給:東宝 2005年/日本 上映時間 136min (2時間16 分) 三谷幸喜 満を持して 監督第三弾  劇作家として、テレビドラマの脚本家
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/01/24 6:46 AM |
たった2時間で人生は変わる◆『THE 有頂天ホテル』
1月10日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて 「今年のうちに、心の中にある悩みをすっきりさせたい」 「一年の終わりに、何かひとつくらい、いいことをしたい」 みんながそんな思いを抱く大晦日。ホテルの威信がかかったカウントダウンパーティまであと2時間。
| 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2006/01/25 11:07 PM |
THE?ĺŷ???
早速観にいっちゃいました〜。有頂天ホテル。麻生久美子の大ファンの奥さんは、かなり前から期待して待ってたみたい。 実は俺、三谷幸喜監督作品を観るのはコレが初めてなんだよね。奥さんからは他とはちょっと違うから受け入れられないかもよ〜と、ちょっと脅されて
| ナイス旦那日記 | 2006/01/26 1:24 AM |
有頂天ホテル反省文 前編
美人を評価する場合、えてして表面的な美しさにのみとらわれがちで、内面に目が向きにくいのかもしれません。私が昨日書いた日記もその典型的な例です。取りこぼしがいっぱい。 ま
| うじゅらの生態日記 | 2006/01/27 7:27 PM |
THE 有頂天ホテル
見ちゃいました。三谷幸喜氏の最新映画 とっても面白かった〜 彼が監督だからこそこんなに豪華メンバーが揃うのだろうし、一人一人の個性を壊すことなくすべての登場人物の人生を上手に描けていたことにです。 大爆笑というよりはクスクスって感じの笑いをいっぱいも
| Alice in Wonderland | 2006/02/08 3:08 PM |
三谷幸喜 『THE 有頂天ホテル』☆今年3本目☆
『THE 有頂天ホテル』 公式サイト:http://www.uchoten.com/製作:2005年日本監督:三谷幸喜出演:役所広司/松たか子/佐藤浩市/篠原涼子/香取慎吾 《公開時コピー》最悪の大晦日に起こった、最高の奇跡。 物語の舞台は大晦日の高級ホテル。そこに集ったそれ
| honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2006/02/25 7:03 PM |
THE有頂天ホテル
全然、映画の感想のUPが出来ませんでした(;・∀・) 三谷幸喜といえば脚本家というイメージ。 しかも「古畑任三郎」くらいしか観たことがなく、 コメディっつうジャンルも手伝ってか三谷監督の 映画作品は、まったく観たことがありません。 …が、この作品は豪華出
| きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ | 2006/04/05 1:23 PM |
THE有頂天ホテル DVD
「ラヂオの時間」や「みんなのいえ」の三谷幸喜監督が 大晦日の高級ホテル「ホテルアバンティ」を舞台に、 従業員と宿泊客の多彩なエピソードを綴ったコメディー・タッチの群像劇。 役所広司や松たか子、佐藤浩市、香取慎吾など20名以上の豪華キャストが集結し、 迷路の
| 噂の情報屋 | 2006/06/15 8:53 PM |


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ