旧すもつくれんDIARY

新しい「すもつくれんDIARY」→→→http://sumotsukuren1.jugem.jp/
<< W41SA | main | 幸せな結末 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
浜田省吾バトン
mixiのラストダンスさんからのバトンです。

質問は同じだけど【 】の中のお題が人よって違うそうです。
私のお題は当然【浜田省吾】です☆

Q1 パソコンまたは本棚に入っている【浜田省吾】に関するものは?

意外とパソコンには入っていません!
アルバム全曲入っているのは「MY FIRST LOVE」と「FATHER'S SON」のみ。
あとは「バックシート・ラブ」「君に捧げるlove song」「家路」
「土曜の夜と日曜の朝」「ミッドナイト・ブルートレイン」…以上です。

(´・ω・`)少ないなぁ。

本棚も…うわぁー、無い!
あれーーーっ?「浜田省吾事典」どこにいったー???
あるのは雑誌類だけですね。
「広島音楽本3」とか昔の「音楽専科」とか「BRIDGE」とか。

Q2 今妄想している【浜田省吾】に関する事は?

一番に抱く妄想は…
浜田省吾本人に会ってインタビューをしてみたい!というコト。
個人的に、ではなく、仕事として。

…現実にしたいなぁ(´・ω・`)

Q3 最初に出会った【浜田省吾】は?

中学生の時、何気なく聴いていた有線放送から流れてきた「DANCE」です。
周りのオトナ達に「これ誰が歌ってるの〜?」と聞いて、
浜田省吾という名前を初めて知りました。

Q4 特別な思い入れのある【浜田省吾】に関するものは?

「ON THE ROAD"FILMS"」のポスターです。



弟にあげたのですが…、何故あげるコトになったのか覚えていません(>_<)後悔!
今、手に入れられるのなら、手に入れたいです。
あのストライプのシャツの浜田省吾は、ホントにステキ!ステキ過ぎデス☆

Q5 最後にバトンを渡したい人5人とそれぞれのお題は?

渡す方が…いない!Σ(T□T)
でも、そうだなぁ…SASAKI小次郎クンにお願いしようかな。
お題はモチロン【浜田省吾】でよろしくデス♪

あと、M's Factoryさん。よろしければ【佐野元春】でお願いしますd(゚ー゚*)

| イケダカズミ | MUSIC | 01:00 | comments(10) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - |
カズミさん、こんにちは、ごぶさたです!
バトン、たしかに受け取りました。
気をつかって、【佐野元春】でまわしていただきましたけど、カズミさんに敬意を表して、【浜田省吾】でトライします。
あすのブログでアップします。

ひな祭りのほうは、今年で4〜5年目だと思いますが、暗中模索がつづいてますね。
そうはいっても、ひな人形の数はハンパじゃなく、エリア内に相当数のひな飾りがありますよ。
人力車なんかもあって、それで散策するのもいいかもしれません。
| M's Factory | 2006/03/01 11:45 AM |
なんだかおしつけたようでごめんなさい!?

>浜田省吾本人に会ってインタビューをしてみたい

お仕事柄できるかもですよー。もしできたらアリーナ一列目どころじゃない近さで見れますね。毛穴までみえますよ。
2005年はかなりラジオ番組出演してましたよね。大阪のFM局の女性のDJの方が、省吾さんの奥さんの事を執拗に聞くので省吾さんは気分を悪くしてましたね。まるで離婚しているんではないかと探るような質問攻めで・・・その時は僕も腹立ちましたが。インタビューって難しいですよね、相手を知り尽くしてないと中々出来るもんじゃないと思いますから。
いけっちさんなら凄くすばらしいインタビューが出来ますよ!

| lastdance | 2006/03/01 12:58 PM |
バトンありがとうございます!
バトンなんてしたこと無かったからめっちゃ嬉しいです!

書きましたんで!見てってください!!
| SASAKI小次郎 | 2006/03/01 8:22 PM |
>M's Factoryさん

ありがとうございます♪
コチラこそ気をつかっていただいて、申し訳ナイです(>_<)
楽しみにしていますねd(゚ー゚*)

ひな祭りですが、あれだけ立派なおひなさまが沢山あるなら
見ているだけでも楽しそうですね。人力車にも乗りたいです☆
中津にはあまり行ったことがないので、
今度帰省した時にでも行ってみようかなと思っています。
その時は…「桐の名刺」を貰いに行きますね〜( ´∀`)

| イケダカズミ | 2006/03/02 12:43 AM |
>lastdanceさん

いえいえ、バトン楽しませていただきました(≧∇≦)

インタビューは本当に難しいです。
その大阪のFM局のDJさんも、多分自分が考えている方向に
話を持っていきたかっただけなのでしょうが…。
でも、ファンとしては確かにムカつきますね。
「空気読め!」ってカンジですよ(≧ヘ≦) むぅ!

私が実際にインタビューできるとしても、
きっと上手くコトバが出てこない気がします。
それどころか…気を張っていないと、泣いてしまいそうです!

 >いけっちさんなら凄くすばらしいインタビューが出来ますよ!

lastdanceさんありがとうございます☆すごくうれしいデス♪

| イケダカズミ | 2006/03/02 1:08 AM |
>SASAKI小次郎さん

おおーっ、ありがとう☆
早速見に行きますd(゚ー゚*)

| イケダカズミ | 2006/03/02 1:10 AM |
いけっちさん、こんにちは。

いけっちさんのバトン、読みたくて、ラストダンスさんのところから、また来ちゃいました。

いけっちさんは、わたしよりも浜省歴長いですから、いろんなものを持っていらっしゃるんでしょうね。"On the Road Films"のポスター、すごい!弟さんのところから、取り返しちゃいましょー。

省吾さんにインタビューですか?
あがってしまいますよね。

ラストダンスさんもお書きになっていらっしゃいますが、聞き手の能力次第で、インタビューされる側は変わりますよね。2001のFM東京では、坂上みきがインタビューしたのを聴きました。いつもならシャープな彼女なのに、台本通りでまったくおもしろくなかった。彼女、省吾さんの曲を聴いていない、とすぐわかりました。

追伸:結局、「のだめ」マングースぬいぐるみ付き、予約しちゃいました(^^) はやく読みたい。昨日は、「20世紀少年」を買いました。
| ERI | 2006/03/04 11:38 AM |
>ERIさん

こんにちは☆わざわざありがとうございます(≧∇≦)

いや〜今回のバトンで、意外と浜省グッズを持っていないコトが判明し、びっくりしています。昔の彼氏と別れた時に、ほとんど元彼の家に置いてきてしまって…。
またこれからコツコツと集めていこうかと思っています。

インタビュー…はい、ホントERIさんやlastdanceさんのおっしゃる通りです。
難しいですね。
喋り手に渡されるインタビュー資料なんて、簡単なプロフィールと、PRしたいニューシングルかアルバム、そのライナーノーツぐらいですからね。よく知っているアーティストなら、それだけでも十分ですが、全く知らないアーティストだと結構大変かも。
…とは言っても、それだけでも魅力的なインタビューをできる人はいますから…。
ヤバイ、私も来るべき時に備えて特訓しよう!

「のだめ」予約しましたか!楽しみですよねぇ〜♪
早く発売してほしいデス(>_<)
| イケダカズミ | 2006/03/04 4:37 PM |
元彼さんとは趣味が共通だったのですねー。

私も元カノが浜名湖のライブに行ったというツワモノで(笑)
影響されてファンなり…現在にいたるわけで。

…私が20歳の頃の話ですけどね。♪今もあのコ… 

でも、インタビューできるとイイですね。いや、できますよー。
私がそんなこと言ったら夢物語ですけど(笑)。カズミさんなら
その資格も可能性も充分あります! (⌒⌒)v
| toy box | 2006/03/05 8:42 AM |
>toy boxさん

元彼はもう何て言うか「浜省オタク」で「なりきり省吾」クンでした。
その友人たちも浜省ファンが多く、
よくお酒の席では「浜省論」が語られていました。

toy boxさんは元カノさんの影響でしたか〜☆
元カノさんグッジョブ(*^-゚)b

インタビュー、実現したとしても絶対固まるでしょうね。
サングラス越しに見つめられたりしたら、
いや、もう、その、あの、えーっと、いや、だから、あの…
ってカンジになるでしょう。
でも、夢見続けます☆

| イケダカズミ | 2006/03/06 3:59 AM |









http://sumotsukuren.jugem.cc/trackback/197
浜田省吾バトン
きょうのブログは、大分県出身ブロガーのカズミさんからいただいたバトンです。僕に気をつかってか、お題は【佐野元春】でいただいたんですが、ここはカズミさんに敬意を表して、【浜田省吾】でトライします。 Q1. パソコンまたは本棚に入っている【浜田省吾】に関する
| SIDEWALK TALK | 2006/03/02 9:03 AM |


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ